• 9.これからの子ども会
    ただでさえ逼迫した状況にあるこの子ども会で、次の会長にこのファンディングを毎年実行するように引き継ぐことは負の遺産になりかねません。年に一度の特別なイベントを、例えばもう少し近くの小規模なレジャー施設にしたり、ボウリング大会にしていけば、会費と助成金でまかなえます。それでも引率者が足りない問題だけは永続的に続きます。今回のプロジェクトをきっかけに、少しでも多くのボランティア活動の団体とつながりを持...
  • 8.活動でもたらされた新しい支援の輪
    当初引率の人件費はもっとたくさん取っていましたが、お陰様でもう少し足りない人数分だけに抑えることが出来そうです。このプロジェクトをはじめてみて驚いたのは、引率だけなら無償でも参加できます、といったお話を頂く機会があったことです。また、それまで全く知り合うことのなかった様々な方々との交流が広がりました。例えば会長には様々な参加任意の活動案内が届きます。この会を通じて、学生たちのボランティア活動の実態...
  • 7.なぜグリーンランドなの?
    このプロジェクトがグリーンランド行きになった一番の理由は、子どもたちの意志です。年度当初、高学年の会員を集めて希望を聞いたところ「遊園地に行きたい」という声でほぼ満場一致だったのです。児童福祉施設の子どもたちは普段、家族として生活をともにしているのに、そのみんなで一緒に遊園地に行く機会が無いというのです。もちろん、長らく子ども会とはこんなものだ、と思っている子どもたち自身の口からいきなり「遊園地に...
  • 6.地元最大の遊園地「グリーンランド」で遊ぶ特別イベントを
    突拍子もないように見えたこの思い付きですが、プロジェクトをスタートさせてからたくさんの奇跡に出遭うようになり、私は自分のやっていることに確信を得るようになりました。詳細はほかで触れる機会はたくさんありますのでまずは本題へ。皆様から頂いたご支援で、熊本最大の遊園地「グリーンランド」に子ども会で行き、一日中安全に子どもたちに遊んでもらいます。グリーンランド●実施時期:2020年初冬●1日のスケジュール・朝8...
  • 5.子ども会とは
    私自身も思い違いをしていたかもしれないのですが、子ども会はあくまで「子どもが主体」の会です。親が子どものやりたいことを推し量ってお仕着せのものを押し付けるものであってはならないはずです。前会長が昨年、子ども会のイベントを自主的に計画させたところ、ボウリング大会を復活させたいという声が上がり、実際にそれは実現しました。なかなかできないことだなと思いましたし、その前会長のポリシーを受け継いだ会にしたい...